skip to Main Content

横浜・神奈川で労働・社会保険の手続き、助成金申請の

ご相談は、ベイヒルズ社労士事務所へ。

お知らせ

「ベイヒルズ社労士事務所便り2018年3月号」を発行しました

「請負契約のフリーランス」を独禁法で保護へ ◆悪質なケースでは摘発も 企業などから個人で直接仕事を請け負って働く「フリーランス」とよばれる人たちが、契約で不当な制限を受けた場合、独占禁止法(独禁法)で保護されることになりました。フリーランスが増えていることを受け、実態調査を行ってきた公正取引委員会(公取委)の有識者会議が見解をまとめ、明らかになったものです。…

read more

「ベイヒルズ社労士事務所便り2018年1月号」を発行しました

厚労省の調査結果にみる平成29年賃金改定の実態 ◆100人以上300人未満企業の賃上げ実施率は「85.6%」 厚生労働省が11月下旬に公表した「平成29年 賃金引上げ等の実態に関する調査」によれば、「1人平均賃金(所定内賃金の1人当たり平均額)を引き上げた」と回答した100人以上300人未満企業の割合は85.6%で、前年(84.4%)を上回りました。全企業で…

read more

「ベイヒルズ社労士事務所便り2017年12月号」を発行しました

中小企業の7割近くが「賃上げ」を実施、その理由とは? ◆企業規模別の調査 10月下旬に、経済産業省より平成29年「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」の結果が発表されました。 この調査は「大企業調査」と「中小企業調査」にわかれており、前者は東証一部上場企業2,001社に調査票を送り364社が回答(回答率18.2%)、後者は中小企業・小規模事業者30…

read more

「ベイヒルズ社労士事務所便り2017年11月号」を発行しました

「労働時間等設定改善指針」「育児・介護休業指針」が改正されました ◆10月1日より適用 年次有給休暇や子の看護休暇・介護休暇を取得しやすい環境整備を推進するため、「労働時間等設定改善指針」および「育児・介護休業指針」が改正され、10月1日より適用されています。 いずれも企業に対して義務を課すものではありませんが、「配慮」等が求められていますので、それぞれのポ…

read more

「ベイヒルズ社労士事務所便り2017年10月号」を発行しました

監督指導による賃金不払い残業の是正結果(平成28年度) ◆監督指導結果の発表 厚生労働省は、時間外労働等に対する割増賃金を支払っていない企業に対して労働基準法違反で是正指導した結果(平成28年度分)を取りまとめ、公表しました。 全国の労働基準監督署が、賃金不払残業に関する労働者からの申告や各種情報に基づき企業への監督指導を行った結果、平成28年4月から平成2…

read more
Back To Top